ソーラーパネルは本当に電気代の節約になるか

息子の学校の学園祭で、息子が所属する科学部の展示発表を見に行った。娘の受験時にも様々な女子校の学園祭を見学に行ったが、やはり男子校の学園祭は一味違う。華美な装飾や華やかさはないが、展示発表の1つをとっても、大人顔負けの研究発表がされていて、大変勉強になった。

仙台 太陽光発電

科学部では太陽光発電について調べていて、仕組みや現在流通している商品、導入コストや導入後の発電量など、詳細なデータが記されていた。ソーラーパネルは本当に電気代の節約になるかという、ソーラーパネルを導入する際に1番気になるであろうことについても述べられていた。科学部の発表によると、答えはなるだ。

太陽光発電システム設置補助 堺市

ソーラーパネルは設置場所の日射量や、導入するソーラーパネルの面積、角度、方角などにより発電量も様々だ。思っていた程は発電してくれないという声もよく聞かれるが、ソーラーパネルを設置したことで電力に対する関心が深まり、買電メーターや売電メーターをチェックする習慣が増える。

東京ガス:最新ガス器具・設備:太陽光発電システム

電気代の安い夜間に電力を使うようにし、余剰電力を売ることができる昼間は極力節電に心がけるようにすると、場合によっては電気を買う金額より、売る金額の方が高くなることさえあるようだ。普段から電気メーターをこまめにチェックしている家庭はそう多くないと思うが、導入費用をかけてまでソーラーパネルを設置した家庭は、発電量や売電量を自然に気にするようになり、電気代の節約を意識するようになるというのだ。

最終的には使用する側の意識の問題という結論だが、太陽光発電はクリーンなエネルギーとして、次世代に伝えていかなければいけない、素晴らしい発電システムだということがよくわかった。