自分の心を安らかにするためにも、矯正歯科へ行きたい

人間は弱い生き物ですから、ちょっとしたことが気になっていてもたってもいられなくなります。そんな弱い生き物である人間ですから、生まれつきの歯の歪みがある場合でも、それについて常に不安感を抱いてしまうと言えるでしょう。そして何を隠そう、まさしく自分がその状態にいるからです。私の歯は下の犬歯が異常に歪んでおり、外側へと飛び出すようにして生えてきています。ですから、常にこの歯が自分の唇の内側を刺激しており、心休まる時がありません。それに、その刺激によって頻繁に口内炎を発症することからも、この犬歯は自分の心の平静を保つ上でかなりの障害になっています。

リン酸L-アスコルビルマグネシウム|医薬・化粧品分野|製品紹介|和光純薬工業株式会社

そんな犬歯をどうにかして、自分の心を安らかにするためにも、矯正歯科へ行きたいとずっと考えてきました。最近の矯正歯科での治療は、どのような歯の形状であったとしても確実に自分が望むようなものへと直してくれると聞いたことがありますので、私のようないびつに歪んでしまった犬歯であったとしても、ある程度正常にしてくれるのではないかと期待をしています。

金冠堂のホームページ – アズレアイうがい液

もしこの犬歯が正しい状態になってくれれば、これまでのように唇の内側に不快感を持つこともなくなるでしょうし、それによって口内炎の発症も限りなく少なくなると思います。さらに、歯が正しい位置になれば顎も正常になり、骨格も正しくなる可能性があるので私の心を安らかにしてくれる要素がすべて揃ってくれるような気さえするのです。

仙台 歯医者の情報を確認する

矯正歯科に行ってその治療が完了するまでには、抜歯も必要かもしれませんし、数年かかる治療期間、そして高額な費用も必要となるでしょう。それでも少しだけまだ歯を矯正する怖さがあるため、矯正歯科に行きたくても行けないのが今の状態です。しかし、さすがに心の平安のためにも、永遠に歪んだ犬歯をそのままにしておけませんから、近いうちに必ず矯正歯科の門を叩いて、この犬歯をどうにかしてもらいたいと思っています。