転職したいけどなかなか決心がつきません

今勤めている会社に満足している人ってそんなに多くないですよね。大体の社員は会社や上司の悪口を言ってるものですし、今の仕事が楽しいなんて友人や知人まわりからも聞いたことがありません。かといって、それじゃあ今の仕事を辞める気があるのかとなれば皆NOだと答えるはずです。それって、結局は愚痴を言いながらも何だかんだで今の職場に落ち着いてしまっているってことなのでしょうね。

【意見書】労働者派遣法、職業安定法「改正」をめぐる10の疑問と私たちの見解

私の場合はこのような口先だけの職場嫌悪ではなくて、転職を考えるほど職場に嫌気がさしています。書面どおりの定時によりも早く出勤して、定時よりも遅く帰るのなんて当たり前の話で、その上に家にまで仕事を持って帰らなければいけないわ業務内容は気の使うわのプレッシャーで、日々押しつぶされそうになっています。

職業安定法/京都府ホームページ

これだけの重圧に耐えながら仕事をするのはもう嫌だと転職を考えるようになりましたが、実際その転職をしたいでんですけれどなかなか決心がつきません。なぜなら、やっとこれだけの仕事を覚えてきたのに全部パーになるのかと考えると損した気分になりますし、上司や同僚にもどのような説明をすればよいやら整理が出来ていないからです。



転職に向けての決心を自分のなかでつけるようにするために、次に上司に思いっきり怒られたら退職してやろうとか、大きなミスをしたら退職してやろうなどと考えてみるものの、案外そんなことを考えている時に限って順調に仕事が進んでいったりするものです。しかし、今の環境からは逃げ出したい気持ちが勝っていますので、今までに得たスキルが活用できる良い転職先が見つかれば、誰に何を言われようとも必ず転職を決心して行動に移そうと思っています。